トップ

保育士の職場選び

保育士求人はたくさんある

保育士求人の選び方について

先日、念願だった保育士の資格を取得しました。すぐにでも自分の力を現場で活かしたいと思っていますが、自分の力を最大限発揮していくためにも、より良い職場で仕事を始めたいと思っています。数ある保育士求人の情報の中から、良い職場を選ぶためのポイントには、いったいどんなものがあるのでしょうか。

保育士の資格を生かして働くことができる職場は、通常の保育所以外にも数多く存在しています。特に近年は、子供のための福祉サービスが都市部を中心に少しずつ拡充しており、保育士への需要はさらに高まってきています。

保育士の資格を生かして働くことができる職場としては、保育所の他に児童厚生施設、母子生活支援施設、乳児院、助産施設、児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設、児童家庭支援センターなどが挙げられます。

保育士を取った際には、自分のスキルを高めていくためにどのような分野で働いていくかをまず決めることが重要になってきます。障害のある子供のために働くのか、母子家庭の子供のために働くのかなど、自分が専門的に働く分野をどこにするか決めておくと、その後のキャリアパスも透明性のあるものになってくるでしょう。

特に目的などがまだ見えない方、より総合的に子供たちのために働きたいと考えている方は、まずは通常の保育所でキャリアをスタートさせると良いでしょう。より総合的な見地から、自分にどのような適性があるのか、自分がどのような分野でキャリアアップをしていくべきか考えることができます。

一般的な保育所における仕事内容は、次のようなものになります。出勤してから子供たちを迎え入れる準備をしておき、登園してきた子供たちの体調などをチェックします。朝の会、体操などを行ってから、お遊びの時間を過ごします。昼食を準備して、お昼寝の時間を取り、子供たちを送り出します。親のお迎えなどが遅れる場合には延長保育を行い、子供たちが全員家に帰ってから事務仕事を済ませ、退勤するというものが大まかな一日のスケジュールになります。保育士の方は子供たちに対して、きめ細やかな対応をしていくことが求められます。

一般的な保育所では子供の食事や遊び、お昼寝などに付き添う活動を通して、子供の成長や発育を見守っていくことができます。その活動の中で、自分にとってどのような職種が最も合っているのか、自分がどんなことをしていきたいのかということが分かってくると思います。

このような理由から、私は保育所で働くことを決めました。保育所にも様々な職場がありますから、保育所の選び方に関しても、しっかりとチェックしてみることにしました。

自分が働く保育所を選ぶ際には、まず職場見学を実際にしてみることが重要です。職場の様子を確認してみるだけでも、その保育所が働きやすいか否かという部分がある程度分かってくることもあります。

職員が常にイライラしていたり、施設内部が汚いような保育所では、職員が常にストレスを抱えている可能性が高く、あまり良い職場であるとは言えないでしょう。このあたりは、実際に施設を見学していなければ分からない情報です。

職場選びに関する知識もきちんとつけておき、自分が将来どのように働いていきたいかを考えるためにも、より良い環境の職場で生き生きと保育士としての第一歩を踏み出していきたいと思います。

保育士の求人の詳しい情報 保育士だけを募集するおすすめ求人サイトまとめ 保育士を募集する専門の求人サイトです。転職ならここでサポートを受けましょう。

Copyright © 保育士求人はたくさんある All rights reserved